本格木造軸組工法 土壁(真壁)と漆喰の家 〜工務店アセアン〜
アセアンは木造軸組工法、伝統的な真壁(土壁)工法を基本にした「漆喰と土壁の家」「自然素材仕上げ」の家づくりをサポートいたします。
施工例
目次
基本仕様
見積無料!

新築・増改築のご相談はお気軽に工務店アセアンへ。
太陽光発電の工事、見積りします。
外壁の塗り替え、水周り、床、壁等のリフォーム、住まいに関することなら何でもご相談ください。
お見積無料!
TEL:  0567-65-0504

こだわりブログ
こだわり工法
近岡ブログ
最新のコメント
アーカイブ
営業案内

株式会社アセアン
TEL:0567-65-0504
FAX:0567-65-4884
愛知県弥富市
前ケ平1丁目275番地2
在来工法による木造建築
注文住宅、新築、リフォーム
工務店の営業地区:
弥富市、愛西市、津島市、あま市、名古屋市、蟹江町、飛島村、桑名市、木曽岬町

iPhone Android表示
  • カテゴリ チカ散歩 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

近岡ブログ - チカ散歩カテゴリのエントリ

大相撲名古屋場所

カテゴリ : 
チカ散歩
執筆 : 
chikaoka 2014-7-18 23:20

    大相撲名古屋場所へ行ってきました


7月17日、親しくしている不動産屋さん夫妻に誘って頂いて、夫と父は相撲を観に行ってきました。



向正面桝席前から三列目、西の花道近くだったそうです。目立つようにと持たせたオレンジタオルのおかげで、テレビ観戦ではよく分かりました。


下世話な話ですが、私達はテレビで相撲を観ながら観客席も楽しみです。特に毎日お見えになる和服姿の女性。当然ですがお召し物は毎日違うようです。名古屋場所では特に多い様でどんな方なのかと興味深々。



写真右、一番後が父が応援している稀勢の里、その前が今場所も活躍の豪栄道です。稀勢の里は茨城県藤代の出身、茨城県利根町に住む甥(父にとっては孫)は中学時代野球部で、稀勢の里のいた野球部と何度か対戦し、父もその試合を観た事があるそうです。当時からずば抜けて体が大きく、横綱になれたらと、いつも期待しているのですが、思わぬ取りこぼしがあるので・・・・・  今場所はいけるかな? がんばれ稀勢の里 



横綱白鵬は嘉風に、はたき込みで勝ちました。私は嘉風ファンなのです。



写真左、稀勢の里は魁聖に押し出しで勝ち、写真右、大砂嵐は鶴竜にすくい投げで金星をあげました。鶴竜の手だけが見えるの分かりますか?   


夫が頑張って撮ってきた写真です。


 

永源寺

カテゴリ : 
チカ散歩
執筆 : 
chikaoka 2013-11-20 18:00

               永源寺の紅葉

11月16日、山梨から来て下さった従兄夫妻と滋賀県東近江市の臨済宗永源寺派大本山永源寺へ行ってきました。約650年前の開山で紅葉の名所です。以前ここへ行くには、鈴鹿山脈の対向車が来ると困るくらいの峠道を越えなければ行けませんでしたが、4卍のトンネルが開通してとても便利になりました。  89歳の父は昨年9月にアキレス腱を切り、今でも足元の危ない状況ですが、本堂まで何段あるか分からない程の石段を登り切りました。翌日の足の状況が心配でしたが、元気元気です。

 

3人の後ろにある本堂は日本屈指の萱葺き屋根です。みごとな紅葉でした。

 

 

 

 

 

長濱ビール

カテゴリ : 
チカ散歩
執筆 : 
chikaoka 2013-8-26 16:30

                長濱ビールと内装木組み

京都の友人が火曜、兄が木曜から遊びに来てくれており、土曜日に長浜経由で京都へ送っていきました。 友人が長浜名物「焼鯖そうめん」を食べたことがないと言うので、お昼にそれを食べた後、友人お勧めの「長濱ビール」へ行きました。 

長濱ビールは昔、米の集荷商社を営んでいた建物(天保6年築造)を改修した物です。前に流れる米川はかつて長浜城の外濠だったそうで、その後江戸時代より旅館や集荷商社が多く並び、船運の重要拠点として栄えた所だそうです。建物の左側は船板塀で有名な風情のある通りです。廃船の板を塀に再利用してあり、釘跡などが残っています。

建物内部の梁の形やそれを活かした組み方を話題に江戸の職人気質に気を馳せながら、ここで造られている長濱浪漫ビール4種を三人で飲み比べました。

漆喰壁の上部は土壁の小舞竹を見せて漆喰が塗られていて、また違った味わいがあり素敵です。   長浜には何度も行っていますが、いつも北国街道黒壁の辺りしか見ていませんでした。すぐ近くにこんなに素敵なお店があったとは、教えて頂いて良かったです。

初詣

カテゴリ : 
チカ散歩
執筆 : 
chikaoka 2013-1-4 22:30

                       津島神社へ初詣

                       新年明けましておめでとうございます

                             本年もよろしくお願い申しあげます

皆様どのようなお正月をお過ごしでしょうか? 我家では娘二人が31日に帰省し、久しぶりに賑やかになり我孫子の両親と6人でお正月を迎えました。しかし年越しは上の娘は伊勢神宮へ、下の娘は津島神社へと友人と初詣。私達夫婦二人は今年も除夜の鐘を聞きながら前ケ平神社へお参りでした。神社で焚き火を囲みお神酒などを頂きながら久しぶりに会えた方達と話しが弾みました。  今年も皆が元気に過ごせますように

娘達も帰った4日、両親と津島神社へお参りに行きました。津島神社は全国に3千社ある津島神社天王社の総本社。  創建は540年、戦国武将織田氏は当社を氏神として崇敬したそうです。

楼門は豊臣秀吉が寄進したもので、社殿共に国の重要文化財だそうです。 10年前に亡くなった母の姉がその2年前に姉妹三人で我家へ遊びに来てくれました。初めて三姉妹で伊勢奈良京都福井と旅した最後の時に「この辺にお津島様というのはないか?」と尋ねるので、すぐ近くにあると案内すると、自分の父親が近所の皆の代表で毎年伊勢神宮とお津島様へお参りに来ていたと言うのです。母の実家は千葉県房総半島の突端に近い岩井(現南房総市)です。あの祖父があんなに遠い所からわざわざお参りに来ていたと知り、急にとてもありがたい神社なのだと認識して、何かの縁もあるのかも知れないと思えました。神社へ行く度に40年前に亡くなった祖父に触れているように思います。ちなみに私達の結婚式に祝詞を上げてくださったのも津島神社の神主さんでした。

帰りに神社のすぐ近くにある麹屋さんで塩麹や醤油麹を作るために生麹を買ってきました。津島は古くから木曽川を渡って東西を結ぶ要所として、また津島神社の門前として栄えた町です。名所旧跡も多く、古い町並みも残っていて、ゆっくりと歩いてみると楽しい所です。

津屋川の彼岸花

カテゴリ : 
チカ散歩
執筆 : 
chikaoka 2012-10-6 23:50

 

             岐阜県海津市 津屋川の彼岸花

 

10月5日、旧南濃町津屋川の彼岸花が見事だと聞き、近所のおばちゃんと母を連れて行ってきました。  1日お千代保稲荷へお参りの帰りに南濃の道の駅で場所を聞き、おそらく見頃は5日頃だろうとの事でしたので、夫のお昼に間に合うように9時半頃に出かけていきました。家からは車で30分ほどの所です。    

お千代保さんから真直ぐ国道258号線に向かい、258号津屋の信号を突っ切りさらに養老の山に向って行くと右側に真っ赤に染まった土手が見えてきました。 

みごとな彼岸花でした! 交通整理の方によると、見頃は1日頃だったとか・・・  でも、土手沿い3km10万本ともいわれる彼岸花の群生は、養老山脈と津屋川そして青い空に映えみごとで、そしてのどかな景色でした。

治水神社

カテゴリ : 
チカ散歩
執筆 : 
chikaoka 2012-9-15 15:40

                       海津市の治水神社と「日本の道百選」

自宅から車で15分程、木曽川、長良川を越えるとすぐに国営木曽三川公園があります。公園には以前子供を遊ばせに良く行きましたし、今でも季節の花を見に出かけますが、最近は素通りばかりです。木曽、長良、揖斐の三川と養老山地の風景は、穏やかなゆったりとした感じが大好きです。  この長良川沿いを一号線へと向う道が「日本の道百選」に選ばれています。

右のタワーが木曽三川タワー、左の松林が治水神社です。長良川の道沿いには、江戸幕府からの命を受け、苦難の治水工事で植えられた千本松原が続きます。

岐阜県海津市の治水神社は、木曽三川公園の隣にあり、宝暦治水(1754〜1755)で命を落とされた薩摩義士86名をお祭りしてある神社です。公園には行きながらも、神社には初めて、りっぱな神社でした。「薩摩義士947名、内自決者53名病没33名、幕府の命令とはいえ三百里も離れた異郷の地を水害の苦難から救った薩摩義士の血と汗と涙の結晶は今もこの地に語り継がれている」とありましたが、確かに子供達は小学校で薩摩義士の話を学びました。

神社の裏に根から横になっている松がありました。土手沿いに伸び、道路の方へ上がって葉を茂らせていて、びっくりです。  

愛西市立田の風景

カテゴリ : 
チカ散歩
執筆 : 
chikaoka 2012-9-13 16:20

                        もう「レンコン掘り」                       

夏休みも終わり、家の前の通学路も賑やかになりました。  今年は残暑が厳しく、今日9月13日も最高気温33度、一昨年のように9月でも35度以上とまではいきませんが、暑い日が続いています。  この夏は一日金沢へお墓参りへ行っただけ、後は毎日同じ事の繰り返しでした。   立田の現場へ行く途中、曇空ではありましたが、暑い中もうレンコン掘りをしていました。

各地でレンコンの掘り方は違うようですが、立田ではユンボで土をかき掘っています。畑の先には木曽川の土手と江戸時代の宝暦治水で植えられた千本松原の一部が見えます。

東京スカイツリー

カテゴリ : 
チカ散歩
執筆 : 
chikaoka 2012-7-12 21:30

             東京ソラマチへ行ってきました!

7月8日建前が終わってから、両親を送りながら千葉の実家へ出かけました。途中渋滞に遭い時間は掛かりましたが、新東名は道がきれいで走りやすく、娘と私二人で運転でしたので、あまり苦にはならずに行けました。

この春から下の娘が松戸に住んでいるので、家庭訪問が一番の目的です。 部屋はわりときれいにしてあり、食費を節約する為にお弁当を作って持って行っていました。 10日、松戸から30分で「ソラマチ」まで行くというので、お昼から出かけました。

真下から見上げたツリーは巨大でした! 圧巻でした! 遠くから見ていたツリーはただヌボーっと立っている感じで、やはり東京タワーのほうが姿が良いと思っていましたが、真下から見上げたツリーにはすごい迫力がありました。せめてソラマチの最上階で昼食をと31階に上り、ここからの眺めで大満足、写真は隅田川と千住方面です。今度機会があったら冬の晴天の日にツリーに上りたいです。 しかしソラマチの賑わいは平日なのにすごかったです。 夫は暑い中お仕事なので、翌早朝帰宅しました。 

 

あじさいのなばなの里

カテゴリ : 
チカ散歩
執筆 : 
chikaoka 2012-6-16 23:30

                   あじさいのなばなの里

14日、「あじさいと菖蒲まつり」が行われている なばなの里 へ行ってきました。会員カードがあるので三人、期間によっては五人は入場無料です。近くて季節の花を見ながら散歩ができる良いところです。

 

なばなの里

カテゴリ : 
チカ散歩
執筆 : 
chikaoka 2012-4-22 15:20

                 なばなの里のチューリップ

4月21日、なばなの里へチューリップを見に行ってきました。お天気もよく混雑覚悟で出かけましたが、内緒の抜け道ルートで駐車場も近くに止められ、園内もわりと空いていて老人二人(母と近所のおばちゃん)には良かったです。

190種、180万球のチューリップが植えられているそうです。例年になく見事なチューリップで凄いです。今年は寒い日が続いたので花も長持ちしています。

枝垂桜や菊桃の花もまだ咲いていました。今年の春はゆっくりですね。

漆喰の家 土壁の家 自然素材の家 Copyright © 2010-2011 株式会社アセアン All Rights Reserved. 〒498-0003愛知県弥富市前ケ平1丁目275番地2