本格木造軸組工法 土壁(真壁)と漆喰の家 〜工務店アセアン〜
アセアンは木造軸組工法、伝統的な真壁(土壁)工法を基本にした「漆喰と土壁の家」「自然素材仕上げ」の家づくりをサポートいたします。
施工例
目次
基本仕様
見積無料!

新築・増改築のご相談はお気軽に工務店アセアンへ。
太陽光発電の工事、見積りします。
外壁の塗り替え、水周り、床、壁等のリフォーム、住まいに関することなら何でもご相談ください。
お見積無料!
TEL:  0567-65-0504

こだわりブログ
こだわり工法
近岡ブログ
営業案内

株式会社アセアン
TEL:0567-65-0504
FAX:0567-65-4884
愛知県弥富市
前ケ平1丁目275番地2
在来工法による木造建築
注文住宅、新築、リフォーム
工務店の営業地区:
弥富市、愛西市、津島市、あま市、名古屋市、蟹江町、飛島村、桑名市、木曽岬町

iPhone Android表示

こだわり工法 - 最新エントリー

真壁(しんかべ)とは、和風木造建築における伝統的な構法のことです。
一般的には、土塗りの小舞壁であり、細い竹を格子状に組み、これに土を塗って仕上げたものをいいます。

土壁の効果

1.調湿性
 湿気の調整機能は一般的な家の壁材と比べて20倍といわれています。
 湿気を壁が吸ってくれるので、湿度が上がりにくく、カビやダニの防止にも効果があります。
 また、夏には湿度を下げ涼しく感じさせ、高温多湿の日本風土に適した壁材です。

2.消臭効果
 ペットやタバコその他家の中の気になる臭い。そんないやな臭いを土壁は取り込んで消臭してくれます。
 また、空気を殺菌・浄化して雑菌の繁殖を抑える事ができます。

3.蓄熱性
 土壁は熱を蓄え自然に冷暖房する力を持っています。
 室内の温度が外気に影響されることなく一定に保つことができます。
 日本古来の蔵はこの原理でできています。

4.遮音性
 土壁の内部には空洞が無く厚さがある為、防音効果に優れています。

5.耐火性・無害性
 2cm以上塗った土壁は不燃材として認定されており、万が一火災にあっても有毒ガスを出しません。

土壁は、完成後も生きて呼吸し続けるので、効果も永遠に変わることなく続きます。100%自然素材なので、地球にも人にもやさしい優れた素材です。

地盤改良工事

カテゴリ : 
耐震性
執筆 : 
chikaoka 2016-7-20 12:00
「スウェーデン式サウンディング試験」の結果、ほとんどの場合は地盤改良材を投入して処置します。
写真の土地も元は田んぼであり、埋め立てて宅地にしましたので地盤改良工事を行いました。

セメント系固化材の地盤改良材(写真、袋中)を投入し、堀上げた土と混合する事により、軟弱地盤を改良することができます。
セメント系固化材は各種のセメントをベースに、数種類の添加物を加えた物です。

追記 H23・7月 
東日本大震災後、液状化の問題が大きく取りざたされています。地盤を柱状改良でするか、表層改良でるかと言う選択ですが、我社では、セメント系固化材による表層改良でほとんどを行っています。柱状改良は地震に対する備えと言うよりも、地盤沈下に対する備えが主であり、金額の高い柱状改良ではなく、表層改良の方で良いのではないかと思っています。地盤改良を行った上にきっちりとベタ基礎を造れば、もし地震で家が傾いたとしても、家を水平に持ち上げ、家の傾きを直す事ができます。実際、このように家の傾きを補修し、補助金を受け、自己負担は50万円程であったと言う報道が先日ありました。これからも地盤調査の結果をみて、お施主様と相談の上でより良い方法で施工してまいります。
湿式柱状改良につきましては、イベント・お知らせ欄の2012年8月2日「地盤改良工事」に金額共載せてあります。
 
漆喰の家 - 日本の伝統素材として古くから用いられてきた塗壁材「漆喰(しっくい)」は自然素材の独特な風合いと質感に加えて、
ホルムアルデヒド吸着分解性
消臭性
抗菌性
防カビ性
不燃性
吸放湿性
耐久性
CO2吸収性

等の優れた機能を数々備えていますが
施工が難しく、また時間と費用がかかる事などの理由から徐々に使われなくなってきました。
しかし、工務店アセアンの職人は光沢が出るまで何度も塗り重ね、汚れにくく、たとえ汚れても拭けば落とせる漆喰壁に仕上げることができます。
また、近年問題になってきている「シックハウス症候群」に対しても効果があると言われています。
漆喰の家は職人が永年培ってきた伝統技術の粋を極めた家と言えます。

弥富市を中心とした西尾張地域は、昔は湿地帯だった土地が多く地盤が比較的悪いと言われています。
その為、工務店アセアンでは地盤調査は全ての物件に対して行ないます。

調査は専門の業者に依頼して「スウェーデン式サウンディング試験」を行います。

試験方法の概要は、
・専用の試験装置を用いて
・荷重による貫入と回転による貫入を併用した原位置試験を行い
・土の静的貫入抵抗を測定し、
・その硬軟又は締まり具合を判定するとともに、土層構成を推定します。

ほとんどの場合、地盤改良材を投入して処置しますが、稀に建物を安定させる為に杭を打ち込む事もあります。

湿式柱状改良については、イベント・お知らせ欄の2012年8月2日地盤改良工事に詳しく載せてあります。

自然素材の家 - 自然素材仕上げ

カテゴリ : 
木造軸組工法
執筆 : 
chikaoka 2010-5-23 15:41

自然素材の家の内装は杉か檜の腰板、漆喰又は珪藻土仕上げ、
天井は杉か松の羽目板使用を基本としております。
床は無垢板で主にカリン、チーク、桜、松等を使用します。
自然素材の家は、住む人にやすらぎを与える家です。

木造軸組工法の良さを生かして

カテゴリ : 
木造軸組工法
執筆 : 
chikaoka 2010-5-23 15:35

日本の気候に合った伝統工法、木造軸組工法で木のぬくもりを充分感じていただけます。
工務店アセアンでは桧四寸角以上の柱、五寸角以上の通し柱を使用し、地棟及び登り丸太を組み込み、桧の垂木を使用します。
プレカットが主流の現在でも職人が材木を刻み、深めに溝を掘り、木組みをしっかりと組みます。深めに掘った溝に木をしっかりと組み込む事と、ボルトや金具を規程以上に使い固定することで耐震性も増します。
木の家は鉄骨造りに比べて弱そううなイメージがありますが、引っ張り強度では鉄の約3倍、圧縮強度で約2倍、曲げ強度で約16倍も強いのです。
地震国の日本では軽くて強い木の家が向いているのです。

強靭な鉄筋コンクリートベタ基礎仕様
基礎は、家の荷重をしっかりと支え、地盤に伝える大切な部分です。
工務店アセアンでは鉄筋コンクリート入りの頑丈なベタ基礎を標準にしており、強い耐震性を発揮します。

基礎は地中に13mmの太さの鉄筋を縦横150mm正方に組み、そこへ厚さ30僖灰鵐リートを流し込み、ベタ基礎を造り、その上に立ち上がり30〜35僉幅135mmの基礎を造ります。
建物と同じ範囲のコンクリートのベタ基礎が家をしっかりと支えるので、仮に地盤に凸凹が生じても、建物には影響が出にくく、家がゆがみにくくなります。
またベタ基礎は土を遮断するため、湿気をある程度抑えられ、家を守ります。
写真はベタ基礎の鉄筋を組んだ状態です。

土壁の家は環境にやさしく健康な暮らしに欠かせない呼吸する壁がポイントです。
湿気の吸収、排出に優れ、夏は涼しく冬は暖かい高温多湿の日本の気候風土に適した日本古来の壁と言われています。
断熱、遮音、耐火性、結露防止などにも優れているのが特徴です。
土壁の家は、まさに日本の気候風土に適した家と言えます。
写真は土壁を塗るための下地である「小舞」を組んだ写真です。「小舞」は職人が竹を一本一本手作業で組み込みます。
工務店アセアンのバリアフリー仕様は、お子様からお年寄りまで家族全員が安全に暮らせる工夫がいっぱい。
洗面所とバスルーム、和室と廊下など全室を段差がないフラットフロアにできます。

和室とリビング 敷居の段差がないフラットフロア

また階段、バスルーム、トイレなど適所に手すりを設置し、お子様やお年寄りにも安心な仕様です。


浴室と脱衣所、廊下の段差がないフラットフロア




階段の手摺りは必ずお付けします



浴室にはご希望により手すりを付けることができます

廊下やトイレの広さは後々の事を考え広く造られる方もいます。

また介護仕様に関しても、ぜひご相談ください。

建設工事総合補償保険に加入

カテゴリ : 
安心の保証制度
執筆 : 
chikaoka 2010-5-18 14:00
工務店アセアンは建設工事総合補償保険に加入しており、工事中の事故・災害による損害や施工が原因の引渡し後の損害を補償できる体制をとっています。
万が一のときにもけっしてお客様にはご迷惑をおかけすることはありません。
漆喰の家 土壁の家 自然素材の家 Copyright © 2010-2011 株式会社アセアン All Rights Reserved. 〒498-0003愛知県弥富市前ケ平1丁目275番地2